ただ今、震災関連情報リンク集を掲載しています。 被災地で頑張っている子どもや子育て中の皆さんのために、できること! 皆さんからも情報をお寄せ下さい。

2023年02月04日

ベテラン企業人が現役時代の名刺で勝負! 子育て・まちづくり支援サポーター養成講座のご案内

NPO法人あい・ぽーとステーションでは、シニア男性向けの
「子育て・まちづくり支援プロデューサー養成講座(第11期)」を
開催させて頂く運びとなりました。
多彩な識者・講師の皆様を講師にお迎えしての連続講座で、
主に定年前後の“男性”を対象とした養成講座です。
認定後は子育て支援をはじめとした、新たな共生社会づくり活動(有償)でご活躍頂ける
プロジェクトで、
定年前後の男性には「新たな生きがいづくり」、
企業にとっては「社員への退職後の新たなライフスタイル提案」に繋がる内容となっております。

期間:2023年2月4日(土)〜3月28日(火)
   対面・zoom 2023年2月4日(土)、2月18日(土)、3月4日(土)
         講義全日原則13:00〜17:00
   動画視聴  2月4日(土)〜2月17日(金)及び2月20日(月)〜3月3日(金)
   認定式   3月28日(火)
   フィールドワーク 申し込み後、個別で日程調整の上で、まちプロ企画への参加あり
場所:子育てひろば「あい・ぽーと」
   東京都千代田区麹町/東京都港区外苑前)
   およびオンライン(zoomと動画視聴・フィールドワークあり)
受講料:無料
お申し込み締め切り 1月31日(火)
詳細&お申し込み 03_まちプロ養成講座(第11期)_チラシ(完成版).pdf

お問い合わせ 特定非営利活動法人あい・ぽーとステーション
   電話  03-3556-8471
   e-mail koza@ai-port.jp
【講演会・研修会・イベントの最新記事】
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2023年01月29日

浜松市防災学習センター2022年度一般向け学習講座のご案内。

台風15号被害から見えた
子育て家庭の課題

2022年9月に静岡県を襲った台風15号は県内各地に大きな爪痕を残しました。
土砂災害や浸水、停電や断水のみならず、
日常生活が続けられなくなった家庭も少なくありませんでした。
静岡県内の子育て支援団体が支援活動で直面した課題の共有などから、
今後の災害に向けた取り組みなどについて、
地域の人々が思いを巡らし、語り合う場の提供として
講座を企画しました。

日時:2023年1月29日(日)13:30〜15:30
開催形式:会場受講とオンラインとのハイブリッド形式
場所:浜松市防災学習センター3階講座室
定員:会場受講40名 オンライン受講50名
参加費:無料
託児:会場受講の方で就学前のお子さん 先着10名 無料
申し込み:ウエブまたは往復はがきで
申し込みなどの詳細についてはこちらから
講師(パネリスト):しずおか子育て防災ネットワーク参加5団体

主催:浜松市防災学習センター
お問い合わせ:認定NPО法人はままつ子育てネットワークぴっぴ
       電話:053-457-3418
       E-Mail:pippi@hamamatsu-pippi.net
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2022年12月13日

NPO法人日本プレイセンター協会主催シンポジウム 「豊かな親子関係の形成をめざして」 〜これからの地域子育て支援の在り方〜のご案内

こども基本法が成立し、
2023年4月1日には「こども家庭庁」が創設されるなかで、
地域で親子が孤立することなく、
親と子の関係性をより豊かなものへと後押しするには
どのようにすべきか。
親と子どもが一緒に成長できるような地域子育て支援のあり方を探るべく、
シンポジウムを開催します。

日時:2023年1月21日(日)13時15分受付
   13時30分スタート
会場:流通経済大学 1号館講堂 千葉県松戸市新松戸3−2−1
プログラム:
基調講演 こども家庭庁の設立とこども基本法
      内閣官房こども家庭庁準備室参事官 山口正行さん 
パネルディスカッション 豊かな親子関係が育まれる地域とは
 コーディネート 佐藤純子 NPO法人日本プレイセンター協会理事長
 コメンテーター 山口正行さん こども家庭庁準備室参事官
 パネリスト 宮武慎一 NPO法人日本プレイセンター協会理事
       松田妙子さん NPO法人せたがや子育てネット代表理事
       武田茂さん  松戸市子ども部子育て支援課
主催:NPO法人日本プレイセンター協会
後援:松戸市 にっぽん子ども・子育て応援団 
    公益財団法人日本サードセクター経営者協会
    株式会社ATI 株式会社グローバルパートナーズ

お申し込み方法:以下のQRコードから
日本プレイセンター協会イベント申し込み用QRコード.png

日本プレイセンター協会平成4年度シンポジウムチラシ.pdf
posted by チアがルー at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2022年11月12日

子ども・子育て市民委員会発足シンポジウムのご案内

妊娠⇒出産⇒育児
切れ目のない総合的な給付保障制度を
安心して子どもを産み育てられる社会を
みんなでつくろう。
という思いを共有する有志による子ども・子育て市民員会の発足を記念して、
みなさまと課題意識及び目標を共有すべくシンポジウムを開催します。

日時:2022年11月12日(土)10:00〜12:30(開場:9:30)
定員:200名(要事前申し込み)託児あり
参加費:無料
参加方法:会場参加 or オンライン参加
*オンライン参加の方には、当日の視聴URLを開催前に送信します。
会場:MY PLAZAホール
   東京都千代田区丸の内2-1-1

<プログラム>
世代と立場を超えた意見交換

1グループ どの子もいきいきと育つには、ここを考えてほしい
   進行役:堀田 力(公益財団法人さわやか福祉財団会長)
   パネリスト:子ども代表
2グループ 誰もが安心して子どもを産み育てるために必要なしくみ
  進行役:松田妙子さん(NPO法人せたがや子育てネット代表理事)
  パネリスト:子育て世代・支援者代表
3グループ 労働界・経済界が子育てに果たす役割
      進行役:板東久美子(元消費者庁長官)
      パネリスト:労働界・経済界代表
4グループ 子育て政策・財源についての考え、
      自治体における子育ての最も重要な取り組み
      進行役:鎌田實(医師・作家)
パネリスト:国会議員、自治体首長、政治家代表

お申し込みフォームhttps://forms.gle/vEVJJWARv9ef2npQA
お申し込み締め切り:2022年10月31日
主催 子ども・子育て市民委員会(公益財団法人さわやか福祉財団)
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2022年11月07日

家庭訪問型家事・育児支援に関する事業研修 のご案内

これからの家庭訪問型の支援に自信がない・
依頼を躊躇している…そんなあなたへー

家庭訪問型家事・育児支援を長く手掛けるNPO法人子育てネットワーク・ピッコロが
今年度も支援者向け研修を開催します。
今回、ピッコロ24年間の家庭訪問型支援の実践からヒヤリ・ハットを検証、
2022年3月にまとめた報告書なども参考に開催します。
支援者向けと、コーディネーターや団体向けの2種類があります。

これからの家庭訪問型の支援に自信がない・依頼を躊躇している…そんなあなたへー
本研修を通して、そっと背中をおして応援できるかもしれません。

事例検討のグループワークに参加していただけると、学び合えると思います。
オンデマンドと会場参加と組み合わすこともOKOK!2‍♀️
本研修を通して、そっと背中をおして応援できるかもしれません。
みなさまのご参加をお待ちしています。

≪支援者向け研修≫

|対  象|主に家庭訪問型家事・育児支援に関する事業の支援者、
      またファミリーサポートや子どもの一時預かり事業を行う団体の支援者

|参加費|無料

|参加方法|@会場に出向いて参加(定員になり次第締切り)Aオンデマンド配信での参加

•2022年12月11日(日)・12日(月)・19日(月)
    全日程/9:45〜16:00
    会場/NATULUCK市ヶ谷外堀り店
•2023年1月9日(月)・23日(月)・30日(月)
    全日程/9:45〜16:00
    会場/立川ホール
•オンデマンド配信(上記日程が合わない方向け)
    2023年2月10日(金)〜28日(水)

≪支援者向け研修≫

|対  象|主に家庭訪問型家事・育児支援に関する事業の自治体担当職員の方、
      事業を委託されている団体、
      またファミリーサポートや子どもの一時預かり事業を行う団体のコーディネーター等

|参加費|無料

|参加方法|@会場に出向いて参加(定員になり次第締切り)Aオンデマンド配信での参加

•2023年1月13日(月)・27日(月)・2月3日(月)
    全日程/9:45〜16:00
    会場/立川ホール
•オンデマンド配信(上記日程が合わない方向け)
    2023年2月10日(金)〜28日(水)

【申込方法】
・下記からお申込みください。
支援者向けのお申し込みはコチラ

自治体・団体コーディネーターのお申し込みはコチラ

主催:NPO法人子育てネットワーク・ピッコロ
今回のイベントページはこちら


posted by チアがルー at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2022年10月18日

2022年度企業・団体サポーター交流会のご案内。

2023年4月男性育休取得率公開義務化!
法改正対応と職場における対応のポイント


にっぽん子ども・子育て応援団の2022年度交流会は、
10月に本格スタートする「改正育児介護休業法」をテーマに開催します。
厚生労働省 中島係長より、男性育休法改正等の最新情報を解説いただきます。
基調講演は 潟潤[ク・ライフバランス代表 小室淑恵。
企業交流会では、ブレイクアウトルームに分かれ、
安藤哲也・勝間和代・山田正人・小室淑恵と参加企業の皆様が直接
小グループにてディスカッションできます。

当団体に未登録の(ご登録をご検討いただいている)方もご参加いただけます。

< 開催概要 >
■日時:2022年10月18日(火)16:30〜18:00(受付開始:16:20〜)
■開催方法:zoom
■参加対象:企業・団体サポーター登録企業ご担当者・社員
      当団体へのご登録をご検討いただいている方も参加できます。
■参加費用:無料

■プログラム・登壇者(敬省略)
【1】行政レクチャー
「本年10月1日・23年4月の法改正詳細を解説」
講師:中島 静香  
   厚生労働省 雇用環境均等局 職業生活両立課
   育児・介護休業係長

【2】基調講演
「男性育休取得率をあげる法改正対応のコツ
 誰が休んでも回る職場をどう作る?」
講師:小室淑恵  
   株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
   にっぽん子ども・子育て応援団企画委員

【3】企業交流会
「男性育休取得率をあげる法改正対応のコツ 
 誰が休んでも回る職場をどう作る?」
※ブレイクアウトルームに分かれ、
にっぽん子ども・子育て応援団委員と直接ディスカッションが出来ます。

■応援団企画委員紹介(敬称略)
安藤 哲也:NPO法人ファザーリング・ ジャパン代表理事
      にっぽん子ども・子育て応援団団長
勝間 和代:経済評論家
      にっぽん子ども・子育て応援団団長
山田 正人:「経産省の山田課長補佐、ただいま育休中」著者
      にっぽん子ども・子育て応援団企画委員
小室 淑恵:株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
      にっぽん子ども・子育て応援団企画委員

■タイムテーブル
16:20〜16:30 受付
16:30〜18:00 本編

■申込方法
こちらのページhttps://nippon-kosodate.peatix.com/の「チケットを申し込む」からチケットご購入画面にお進みください。
ご予約者様には開催前日までに参加者用URLをお送りします。時間になりましたらアクセスください。

主催:にっぽん子ども・子育て応援団
にっぽん子ども・子育て応援団は、子どもと子育て家庭の声を聞き、共に活動をしながら、取り組むべき政策の実現のために必要な財源の確保について、世代や党派を超えた合意をとっていくことを目的とした活動をしています。
子ども時代の幸せがその後の生涯や社会に影響を与えるとの認識から、子どもと家族を社会一丸となって応援する温かい社会づくりを目指しています。

にっぽん子ども・子育て応援団のサポーター/サポーター企業になりませんか?
サポーター申込・賛同企業紹介など詳しくはこちらをご覧ください

本件に関するお問い合わせ先:
にっぽん子ども・子育て応援団事務局
info@nippon-kosodate.jp
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2022年07月12日

「第11回 健康寿命をのばそう!アワード〈母子保健分野〉」募集開始のお知らせ

「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人、機関・団体が一体となって取り組む国民運動「健やか親子21」事務局から、「第11回健康寿命をのばそう!アワード(母子保健分野)」募集開始についてのご案内を申し上げます。

厚生労働省では、平成27年度より開始した「健やか親子21(第2次)」において、すべての子どもが健やかに育つ社会の実現を目指し取組を推進しています。
 令和4年度は、「健康寿命をのばそう!アワード」に「母子保健分野」が創設され8年目となります。
 本分野では、母子の幸せで健康な暮らしを支援するための健康増進を目的とする優れた取組を行っている企業、団体、自治体を表彰し、これを広く国民に周知することにより、あらゆる世代の健やかな暮らしを支える良好な社会環境の構築を推進することを目的とします。

 妊産婦、子育て、思春期の子どもの健康に関わる活動を実施している「企業」「団体」「自治体」の3部門で それぞれ募集をしております。
 是非、皆さまの活動をご紹介ください!

スケジュール
応募受付:令和4年7月1日(金)〜8月22日(月)
選  考:令和4年9月〜10月
結果通知:令和4年10月末
表 彰 式:令和4年11月に東京都内にて開催予定

アワード公式ページ
https://sukoyaka21.mhlw.go.jp/award_list/

本件に関するプレスリリースはこちら
【厚生労働省プレスリリース】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_26555.html
【小学館集英社プロダクションプレスリリース】
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000619.000002610.html

本件に関するお問い合わせ先
=========================
厚生労働省 「健やか親子21(第2次)」事務局
(株式会社小学館集英社プロダクション)
担当:畠添・田中
E-mail: sukoyaka21@shopro.co.jp
=========================
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン

2022年06月15日

「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業についてのご案内

「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人、機関・団体が一体となって取り組む国民運動「健やか親子21」事務局から、
「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業についてのご案内です。

「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業は
厚生労働省からの委託により、日本助産師会が行います。
本事業は、様々な悩みや不安を抱え、複雑な精神心理状況にある
不妊症・不育症患者が気軽に相談できるピアサポ−ターを養成するため、
相談・支援にあたって必要となる基礎知識やスキルを習得するための研修の実施や
その結果をもっての情報発信、広報啓発を目的としています。

不妊症・不育症患者の抱える困難の一つに、仕事と治療等との両立があります。
社会の理解が当事者支援につながると考え、この研修会を企画しました。
ぜひ、共に働く人への理解につながる機会と捉え、本研修への参加をご検討ください。

※研修会プログラムは、2つのコースがあります
 ピアサポーター向けプログラムを選択してください

皆さまの参加をお待ちしております

−公式ホームページ
https://www.peersupporter.info/

−事業周知チラシ
https://www.peersupporter.info/peersupporter_2022.pdf

本件に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします
■主催団体:::::::::::::::::
公益社団法人日本助産師会事務局
担当窓口:佐津川・角田
お問合せフォーム https://www.peersupporter.info/contact
メールする info@peersupporter.info
〒111-0054
東京都台東区鳥越2-12-2
Tel  03-3866-3054(代表)平日9時~17時
posted by チアがルー at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2021年10月04日

「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業についてのご案内

「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、
関係するすべての人、機関・団体が一体となって取り組む
国民運動「健やか親子21」事務局から、
「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業についてのご案内です。

「不妊症・不育症ピアサポーター等の養成研修」事業は
厚生労働省からの委託により、日本助産師会が行います。
本事業は、様々な悩みや不安を抱え、複雑な精神心理状況にある
不妊症・不育症患者が気軽に相談できるピアサポ−ターを養成するため、
相談・支援にあたって必要となる基礎知識やスキルを習得するための研修の実施や
その結果をもっての情報発信、広報啓発を目的としています

不妊症・不育症患者の抱える困難の一つに、仕事と治療等との両立があります
社会の理解が当事者支援につながると考え、この研修会を企画しました
ぜひ、共に働く人への理解につながる機会と捉え、本研修への参加をご検討ください

※研修会プログラムは、2つのコースがあります
 ピアサポーター向けプログラムを選択してください

皆さまの参加をお待ちしております

−公式ホームページ
https://www.peersupporter.info/

−Twitter
https://twitter.com/PeerSuppor

−Facebook
https://www.facebook.com/peersupporter.info/

−周知ポスター
https://www.midwife.or.jp/user/media/midwife/page/index/top-box/pdf210721.pdf

主催団体:日本助産師会
https://www.midwife.or.jp/index.html

▼問合せ先
:::::::::::::::::::::::
公益社団法人日本助産師会事務局
担当窓口:松山・角田
送信者‣‣角田佳志恵(かくたよしえ)
info@peersupporter.info
https://www.peersupporter.info/

〒111-0054
東京都台東区鳥越2-12-2
Tel  03-3866-3054(代表)平日10時〜16時
Fax 03-3866-3064
posted by チアがルー at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2020年06月01日

にっぽん子ども・子育て応援団企画委員から子ども・子育て家族に向けたエールの動画配信

新型コロナウイルス 感染防止対策で戸惑う子ども・子育て家族に向けて、にっぽん子ども・子育て応援団企画委員の応援メッセージ動画配信を開始、リンク集を公式サイトにアップしました。

http://nippon-kosodate.jp/topics/topics.cgi?ID=00356
posted by チアがルー at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン