ただ今、震災関連情報リンク集を掲載しています。 被災地で頑張っている子どもや子育て中の皆さんのために、できること! 皆さんからも情報をお寄せ下さい。

2019年12月22日

地域人材交流研修会 in さっぽろ

──ともに地域で暮らす仲間として何ができるか
地域子育て支援拠点発
“地域連携”で親子を支える


重篤な児童虐待事件が相次ぎ、児童福祉法および児童虐待防止法の改正にもつながりました。痛ましい虐待をなくし親子を救うためには、虐待の早期発見や再発防止、関係機関の連携と並行して、地域で孤立しがちな乳幼児親子を、それぞれの多様なニーズに合わせて取りこぼしなく、親子の生活圏内で包括的に継続的支援を行い、虐待の発生を防ぐ「予防的支援」の体制を進める必要があります。特に、より身近なところで親子を支える「地域子育て支援拠点(通称:常設子育てサロン)」同士のネットワークを進め、お互いの質を高めつつ、様々な専門機関との連携を密にして地域のセーフティネットをさらに強化することは喫緊の課題です。地域子育て支援拠点と様々な専門機関との関係を紡ぎ「地域ぐるみで支え合う子育て環境づくり」を推進するために、札幌市内のあらゆる機関、人材と出会える交流会を企画しました。
公益財団法人さわやか福祉財団委託事業

日時:2019年12月22日(日)13:30〜17:00(受付開始13:00)
会場:北海道立道民活動センター かでる2・7 4階大会議室
(北海道札幌市中央区北2条西7丁目)
■対象:地域子育て支援拠点事業従事者、学生、子育て当事者、
様々な立場で子ども・子育て支援にかかわる人、
地域の人等
■定員:80名 
■参加費:無料 ※要事前申し込み
■保育料:無料(生後6カ月以上 定員8名)※要事前申込み。

☆参加お申し込み方法
◆インターネットで

https://ssl.formman.com/t/blPq/
◆ファクシミリで   FAX:03-3269-3314
@氏名 A所属 BTEL Cメールアドレス 
D保育の有無E懇親会参加の有無 を明記。
◆お問合せ先:にっぽん子ども・子育て応援団 
info@nippon-kosodate.jp

☆プログラム☆

第1部パネルディスカッション 予防的支援
 札幌市子ども未来局子育て支援部子育て支援課長 田村博美さん
 NPO法人子育て応援かざぐるま代表理事 山田智子さん
 NPO法人ねっこぼっこのいえ代表理事 小林真弓さん
コーディネーター:
 さっぽろ子育てネットワーク代表 河野和枝さん
コメンテーター:北海道大学教育学研究院
 子ども発達臨床研究センター準教授 川田 学さん

第2部分散交流会 地域子育て支援拠点発 地域連携
興味のあるコーナーで直接話を聞こう
@子育て世代包括支援センター A利用者支援事業 B児童相談所・家庭児童相談室 Cさっぽ・こども広場 D地域教育相談 E小児科医師 F産後ケア事業・拠点での赤ちゃんふれあい講座等 Gこどものくらし支援コーディネート事業 Hこども緊急サポートネットワーク事業 Iさっぽろ子育てサポートセンター(ファミサポ)・ほっ・とプラザ(家事援助) JDV支援 Kひとり親支援
ファシリテーション:山田智子さん、小林真弓さん

◆主催:にっぽん子ども・子育て応援団
◆協力団体:NPO法人子育て応援かざぐるま
◆後援:札幌市 札幌市社会福祉協議会 
(申請中)
◆協力:NPO法人ねっこぼっこのいえ
   さっぽろ子育てネットワーク
   北海道大学教育学研究院子ども発達臨床研究センター


【講演会・研修会・イベントの最新記事】
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年12月06日

イクボス企業同盟 結成5周年記念イベントのお知らせ

NPO法人ファザーリング・ジャパンの運営するイクボス企業同盟が設立5周年を迎えます。おかげ様で加盟企業が218社(2019.10.15現在)になり、この後も企業から加盟の問合せが続いています。
https://ikuboss.com/

これまで、企業のダイバーシティ経営の推進や働き方改革に伴う職場づくりにおいて、特に影響力のある管理職に対して、新しい理想の上司像として「イクボス」への意識変革を同盟企業と一緒に啓発して参りました。その中、社会には、まだまだ解決しなければならない喫緊の課題がたくさんあります。

そこで、同盟企業や有識者の方をお招きし、「男性育休推進は企業に何をもたらすのか」「その転勤制度、古くない?!」「人生100年時代のワークライフ・デザイン」「ダイバーシティ推進とボスの未来」をテーマに、パネルディスカッションし、少しでも解決の糸口になる機会を提供したく考えています。

オンライン配信も行いますので、是非、日本全国からのご参加のほど、心より待ちしております。

■実施概要

日時:12月6日(金)14:00〜17:15(13:30開場)
懇親会:17:30〜18:30
会場提供:日本アクセス様 accessホール15F 住友不動産大崎ガーデンタワー(大崎駅徒歩5分ほど)
参加者数:160名(先着順)
対象者:企業の人事、ダイバーシティ、人材育成担当、経営者、本テーマに関心のある方
公式サイトhttps://ikuboss.com/5years-forum/

主催:NPO法人ファザーリング・ジャパン 「イクボスプロジェクト」

■お申込について
下記Peatixよりお申込ください
https://ikuboss-5years-forum.peatix.com/

■アジェンダ/登壇者
14:00〜14:10 オープニングトーク 
14:10〜14:45 Session1
男性育休推進は企業に何をもたらすのか 〜令和時代を勝ち抜く企業戦略とは?〜
〇 株式会社三菱 UFJ 銀行 取締役常務執行役員 CHRO 池田 雅一氏
〇 積水ハウス株式会社 ダイバーシティ推進部 課長 森本 泰弘氏
〇 NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事 林田 香織氏
〇 株式会社東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部 チーフコンサルタント 塚越 学氏
14:50〜15:25 Session2
その転勤制度、古くない?!〜 「単身赴任」という英語は無い〜
〇 AIG損害保険株式会社 執行役員 福冨 一成氏
〇 サイボウズ株式会社 執行役員 人事本部長 兼 法務統制本部長 中根 弓佳氏
〇 NPO法人コヂカラ・ニッポン 代表 川島 高之氏
〇 少子化ジャーナリスト 白河 桃子氏
15:40〜16:20 Session3
『人生100年時代』のワークライフ・デザイン 〜企業と個人の新しい「関係」を考える〜
〇 カゴメ株式会社 常務執行役員 CHO有沢 正人氏
○ 「ALLIANCE ―人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用― 」監訳者 篠田 真貴子氏
〇 法政大学 キャリアデザイン学部 教授 田中 研之輔氏
〇 ライフシフト・ジャパン株式会社 代表取締役CEO 大野 誠一氏
16:20〜17:00 Session4
ダイバーシティ推進とボスの未来 〜組織変革を阻むもの何か〜
〇 ノバルティス ファーマ株式会社 代表取締役社長 綱場 一成氏
〇 東京大学大学院 教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター 准教授 星加 良司氏
〇 NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表 安藤 哲也氏
〇 BUSINESS INSIDER JAPAN 統括編集長/AERA元編集長 浜田 敬子氏
16:20〜17:00 クロージングトーク

■統括モデレーター/ディレクター
〇 NPO法人GEWEL 代表 小嶋 美代子氏
〇 株式会社グローシップ 代表取締役CEO 小田桐 正治氏

■メディア等のお問い合わせについて
その他、メディア等の取材に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。
https://fathering.jp/contact.html

※参加ボタンを押しPeatixよりチケットを購入ください。
https://ikuboss-5years-forum.peatix.com/

※イベント公式サイトはこちらです。
https://ikuboss.com/5years-forum/

posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年12月02日

DIVERSITY & INCLUSION SYMPOSIUM 5つのテーマで語るダイバーシティ 〜社会と企業の未来〜

男女共同参画社会基本法制定から20年が経過しました。
企業の取り組みに注目が集まりがちですが、社会の変化に目を向けたとき、女性活躍を含め、
「日本社会におけるダイバーシティ」はどこまで進んだと言えるでしょうか?
また、企業の変化は、社会(地域、学校、NPO)や個人の生活に、どのような影響をもたらしているでしょうか?
あるいは、社会の変化が、企業のダイバーシティ推進のカギを握るという側面もあるのではないでしょうか?
本シンポジウムでは、5つのテーマから、社会と企業のダイバーシティのこれからを考えます。

シンポジウム案内 https://www.murc.jp/corporate/virtual/diversity/

【日 時】 2019年12月2日(月)13:00〜17:00
【会 場】 赤坂インターシティコンファレンスセンター溜池山王駅直結
【定 員】【参加費】 無料
    お申し込みはこちらこちらから。

【プログラム】
<第1部(全体会):オープニングセッション>

男女共同参画社会基本法から20年 日本社会のダイバーシティはどこまで進んだか?

<第2部(分科会):社会と企業の変化>

分科会A:子育て
分科会B:介護
分科会C:ライフプランニング
分科会D:転勤
分科会E:LGBT

<第3部(全体会):パネルディスカッション>

各分科会テーマにおいて、企業の変化と社会の変化は連動しているのか?新たに生じている問題は?
社会全体のダイバーシティを推進するために、今後、各セクターが取り組むべきことを提言します。

主催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年11月29日

地域人材交流研修会 in つるがのご案内

──ともに地域で暮らす仲間として何ができるか
誰もが気軽に立ち寄れる
ぬくもりのある居場所をつくろう

地域の子どもたちもお年寄りも、誰もが立ち寄れる多世代共生の居場所をつくろう。地域の乳幼児親子や子どもも気軽に立ち寄れる場づくりにはちょっとしたコツがあります。そこで、みなさまにコツをお伝えするべく子育て支援者と高齢者支援者との交流会を企画しました。地域のみんなでつくりあげる、赤ちゃんから高齢者までが集える居場所。どうぞご一緒に!

日時:2019年11月29日(金)13:00〜16:30(受付開始12:45)
会場:敦賀市粟野公民館大ホール(福井県敦賀市御名53-1)
対象:子育て・介護などの当事者、子育て支援関係者、高齢者居場所づくり関係者、
生活支援コーディネーター、企業、居場所づくりに関心のある方
定員:70名 
参加費:無料 ※要事前申し込み
保育料:無料(生後6カ月以上) 定員10名 ※要事前申込み。
懇親会:交流会終了後に場所を移動して開催 ※要事前申込み。
☆参加お申し込み方法 
◆インターネットで
https://ssl.formman.com/t/yVBA/
◆ファクシミリで   FAX:03-3269-3314
@氏名 A所属 BTEL Cメールアドレス 
D懇親会参加の有無E保育の有無、保育を必要とするお子さんの性別、年齢を明記。

プログラム

第1部 話題提供
・多世代共生の居場所づくり
 NPO法人かもママ理事長 河原廣子さん
 みんなのお茶の間八三六事務局 熊谷誓成さん
 一般社団法人プレーワーカーズ  神林俊一さん
ナビゲーター:NPO法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ理事長
                      林 恵子さん

第2部 グループワーク
・みんなで考える
乳幼児親子や子どもが立ち寄りたくなる場づくり

ファシリテーター:
一般社団法人プレーワーカーズ  神林俊一さん
 
まとめ 

◆お問い合せ先:にっぽん子育て応援団 
info@nippon-kosodate.jp
主催:にっぽん子ども・子育て応援団
協力団体:NPO法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ
後援:福井県 敦賀市 福井県社会福祉協議会 敦賀市社会福祉協議会
    福井新聞社 


posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年11月21日

地域人材交流研修会inおおがき

ともに同じ地域で暮らす仲間として何ができるか

子どもと共に築く地域!
全世代の移動支援をともに考える

「誰もが、安心して移動出来ることは、人々や地域を元気にします。超高齢社会を迎え、ラストワンマイル(各家庭などの最終目的地を結ぶ)をカバーする「きめ細やかな」地域内交通ニーズが高まっています。同時に、公共交通空白地帯の増加に伴い、車を持たない・運転できない子どもとその保護者や若い世代も移動困難に陥っています。お互いの課題を共有するとともに、地域の実情にあわせた移動の仕組みをみんなで考え、地域まるごとで支え合うまちづくりをめざして行動するために、子育て世代から高齢者、障害者も包括的に支える先駆的取り組みから学び、さまざまな分野の方々が出会い交流する研修会を企画しました。
公益財団法人さわやか福祉財団委託事業

日時:2019年11月21日(木)13:30〜16:30(受付開始13:00)
会場:大垣市情報工房 セミナー室
(岐阜県大垣市小野4-35-10)
■対象:学生、子育て・介護などの当事者&支援関係者、
行政担当者、企業、
子育てやまちづくりに関心のある方
■定員:60名 
■参加費:無料 ※要事前申し込み
■保育料:無料(生後6カ月以上) 定員:10名
※要事前申し込み。
■懇親会:交流会終了後に場所を移動して開催 
※要事前申し込み。

参加お申し込み方法
インターネットで
https://ssl.formman.com/t/Ouh8/
ファクシミリで   FAX:03-3269-3314   
@氏名 A所属 BTEL Cメールアドレス 
D保育の有無E懇親会参加の有無を明記。

プログラム

開会あいさつ

第1部 話題提供 いま、移動支援の現状は

NPO法人コミュニティサポートスクエア理事長
 杉浦陽之助さん
社会福祉法人岐阜羽島ボランティア協会理事長
 川合宗次さん
NPO法人移動ネットあいち理事長 遠山哲夫さん
ファシリテーター: 
NPO法人泉京・垂井副理事長 神田浩史さん

第2部 さあ、同じ地域の仲間としてともに考えよう
現状報告を受けて、みんなで考え、協議するワーク

ファシリテーター
特定非営利活動法人くすくす 安田典子さん

閉会あいさつ

◆お問い合せ先:にっぽん子ども・子育て応援団
info@nippon-kosodate.jp
【主催】にっぽん子ども・子育て応援団
【協力団体】特定非営利活動法人くすくす
【後援】岐阜県 大垣市 岐阜県社会福祉協議会 
   大垣市社会福祉協議会
【協力】特定非営利活動法人泉京・垂井
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年11月15日

地域人材交流研修会inさせぼ「地域でどう支える? 育児と介護の同時進行=ダブルケア」

家族だけでは対応しきれない暮らしの中の困りごと。たとえば、育児と介護が同時期に発生する「ダブルケア」。育児と介護、両方の不安や悩み、孤独感を抱え、子育て仲間にも介護仲間にも理解してもらえない辛さがあります。介護保険だけ、子ども・子育て支援だけでは支えきれません。必要なのは、それぞれの分野に関わる人々同士の連携です。複雑化する地域課題、子どもと子育て家庭も含めた家族まるごと、地域ぐるみで支え合うまちづくりについて、一緒に何が出来るか考えましょう。
公益財団法人さわやか福祉財団委託事業

日時:2019年11月15日(金)13:30〜16:30(受付開始13:00)
会場:佐世保市男女共同参画推進センター スピカ 研修室1
(長崎県佐世保市三浦町2-3)
■対象:学生、子育て・介護などの当事者、子育て支援・介護関係者、
行政担当者、企業、子育てやまちづくりに関心のある方
■定員:50名 (保育定員 10名)
■参加費:無料 ※要事前申し込み
■保育料:無料(生後6カ月以上1名あたり) 
※要事前申込み。
■懇親会:庶民の料亭ささいずみ 会費:4000円(飲み放題つき)
※要事前申込み。17:30〜

☆参加お申し込み方法
◆インターネットで

https://ssl.formman.com/t/OnNh/

◆ファクシミリで   FAX:03-3269-3314
@氏名 A所属 BTEL Cメールアドレス 
D保育の有無・懇親会参加の有無 を明記。
◆お問い合せ先:にっぽん子ども・子育て応援団 
info@nippon-kosodate.jp

☆プログラム☆
第1部 話題提供
育児と介護の同時進行 ダブルケア
ダブルケアって何?
一般社団法人ダブルケアサポート 東 恵子さん
いま、現場では
佐世保市
佐世保市社会福祉協議会 冨永健三さん
ダブルケア当事者 野方由紀子さん
ファミリー・サポート・センター・アドバイザー 山崎翠さん
地域子育て支援拠点よんぶらこ 田渕真由美さん
山澄地域包括支援センター長 園田廉訓さん

第2部 グループワーク
具体的な事例についてのケース検討会議
ダブルケアの具体例からリアルに出来ることを考える
まとめ 地域資源を知る、つなげる、使う

主催:にっぽん子ども・子育て応援団  
協力団体:NPO法人ちいきのなかま
協力:NPO法人子どもと女性のエンパワメント佐世保
後援:長崎県 社会福祉法人佐世保市社会福祉協議会
   佐世保市
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年03月15日

「東京大震災──首都崩壊 生活破壊をどう防ぐか」開催のご案内

2020年東京オリンピック準備たけなわの首都・東京。ここに災害がやって来たらどうなるのか。2018年12月、高齢社会をよくする女性の会主催の「年末恒例女たちの討ち入り」シンポジウムで、大好評だった「災害と女性」第2弾として、3月15日に再び高齢社会をよくする女性の会が災害をテーマに学習会を開催します。
見たくないものを直視する勇気から備えは始まります。日本の総人口の3分の1近い首都圏から、災害による生活破壊をどう防ぐか。ご一緒に考えましょう!

日時:2019年3月15日(金)18:30〜20:30(開場18:15)
場所:東京ウィメンズプラザ2階第1会議室
   (東京都渋谷区神宮前5-53-67)
講師:佐々木信夫氏(中央大学名誉教授)
演題:「東京大震災──首都崩壊 生活破壊をどう防ぐか」
参加費:500円(資料代)
お申し込み・お問い合わせ:NPO法人高齢社会をよくする女性の会事務局
    電話 03-3356-3465(月・水・金)
    ファクシミリ 03-3355-6427
    e-mail wabas@eagle.ocn.ne.jp

東京大震災生活破壊をどう防ぐちらし.pdf
    
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2019年01月31日

「未来をよくする子育て環境のアイデア」大募集!

にっぽん子育て応援団では、来年2019年に結成10周年を迎えます。、
記念に、応援団の10年間を振り返る冊子を発行、5月19日開催の10周年記念フォーラムで配布の予定です。
現在、その記念誌に掲載する「未来をよくする子育て環境のアイデア」を広く募集しています。

子育てしやすい地域社会の実現や、専門職の処遇改善、
働き方の変革、人々の心のありようetc.実現するしないに関わらず、
「これからにっぽんに生まれてくる新しい命、子どもたちのために、
 私たちができること=もっと子育てしやすい社会」を実現するべく、
「未来をよくする 子育て環境のアイデア」をどうぞお寄せください。
締め切り当初より1カ月延長し、1月31日となりました。
皆さまのご応募、お待ちしております。
 
〜〜〜現在、集まっているアイデアの一端をご紹介〜〜〜

*小学校区ごとにプレイパークを!

*妊婦加算するなら、妊娠出産に健康保険適用を!

*児童養護にもっと予算を!

*子どもを叩かない世の中に!

*子連れで行っても投票しやすい投票所を!

*子育て世帯の住宅取得に助成を!

*避難所の妊婦と乳幼児に更なる配慮を!

●募集期間:2019年1月31日
●応募方法:下記応募フォームから送信
未来をよくする子育て環境のアイデア応募フォーム
https://nippon-kosodate.jp/idea.html
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン

2018年10月22日

農林水産省主催【栄養士・保育士等向け 和食育研修会】応募受付中

農林水産省では伝統的な食文化を子どもたちや子育て世代へ伝えるために、和食文化を取り入れた食育に関する研修会を全国にて実施させていただいております。(参加費無料)

本研修会では、主に栄養士、保育士、調理員といった子どもの食に関わる方を対象に、
・子どもと子育て世代に伝えたい和食文化
・和食体験を通した乳幼児の食べる力の育み方
・乳幼児の成長に合わせた和食文化体験
・地域と連携した和食に関わる食育
といった内容を中心に、講師による講演、ワークショップに加え、栄養士、保育士の日々の業務ですぐ役立つ食育のアイデア(和食の基本、和食と栄養、年中行事、和食すごろくなど)を紹介します!

研修会名: 
和食文化を取り入れた子どもと子育て世代への食育推進〜乳幼児の成長を育む「和食育」のすすめ〜

※本研修会は、農林水産省の平成30年度「和食」と地域食文化継承推進委託事業(和食文化普及推進事業)の一環として実施します。

対象: 栄養士・保育士のほか調理員も対象
研修内容: 子どもと子育て世代に伝えたい和食文化
        和食体験を通した乳幼児の食べる力の育み方
        乳幼児の成長に合わせた和食文化体験
        地域と連携した和食にかかわる食育 など
(※講師による講演のほか、参加者同士の簡単なワークショップも予定)
参加費: 無料
開催日程
 札幌会場  
10/23(火)14:00-16:30 藤女子大学 北16条キャンパス
 仙台会場  
10/30(火)14:00-16:30 仙都会館 5F-A会議室
 新潟会場  
11/ 5(月)14:00-16:30  駅南貸会議室KENTO ルームB
 東京会場  
11/17(土)13:30-16:00
東京家政学院大学 千代田三番町キャンパス
 名古屋会場
12/16(日)14:00-16:30 
TKP名古屋駅前 カンファレンスセンター
カンファレンスルーム6B
 大阪会場  
12/15(土)14:00-16:30 
TKP大阪梅田駅前 ビジネスセンター
カンファレンスルーム2A
 広島会場  
12/8(土)14:00-16:30 
TKPガーデンシティPREMIUM
広島駅前カンファレンスルーム5A
 那覇会場  
12/14(金)14:00-16:30 
TKPネストホテル那覇センター ジェミニ 

詳細は下記のHPより確認ください。
【おうちで和食 栄養士・保育士等向け研修会】
http://ouchidewashoku.com/workshop/0010/index.html

現在申し込みは随時受け付けておりますので、下記のフォームよりお申し込みください。
【栄養士・保育士等向け研修会 申込フォーム】
https://fs223.formasp.jp/f942/form2/

問い合わせ先: 農林水産省和食文化普及推進事業事務局
(株式会社小学館集英社プロダクション 担当:吉田 古賀)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20 SP神保町第2ビル5階
TEL:03-3515-6794 ※土日・祝日を除く、平日10時から17時まで
※本研修会は、農林水産省より委託された鰹ャ学館集英社プロダクションが実施致します。

posted by チアがルー at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント

2018年07月17日

平成30年7月豪雨 支援したい人たちのための情報。

☆ボランティア情報・災害支援マニュアル等のまとめ

・平成30年7月豪雨 NPOによる救援活動・ボランティア活動に関する情報【日本財団CANPAN】
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/1451

まとめた内容は、こちらの項目です。
1.各地の被害状況、救援活動、ボランティア活動に関する情報
2.救援活動を行っているNPO等
3.寄付・募金
4.水害支援に必須のマニュアル

★ここに記載している情報以外に、避難生活等で必要な情報をこちらにまとめています。
 2018年7月大雨・水害に関する参考情報・Webサイト集【日本財団CANPAN】
 http://blog.canpan.info/cpforum/archive/865

☆子どもを支援する方達への支援情報

・特定非営利活動法人 日本冒険あそび場づくり協会
【お知らせ】災害対策基金への募金について
http://bouken-asobiba.org/news/detail-583.html

・公益財団法人 ベネッセこども基金
「平成30年7月豪雨」で被災した子どもへの緊急助成 実施のお知らせ
https://blog.benesse.ne.jp/kodomokikin/news/info/2018/20180713.html

・独立行政法人 福祉医療機構(WAM)
「平成30年台風第7号及び前線等に伴う大雨による被害にかかる
災害復旧資金等の相談窓口設置の設置について」
http://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/pr3008.pdf

posted by チアがルー at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災関連情報リンク集