ただ今、震災関連情報リンク集を掲載しています。 被災地で頑張っている子どもや子育て中の皆さんのために、できること! 皆さんからも情報をお寄せ下さい。

2018年11月30日

2018年度地域まるごとケア・プロジェクト地域人材交流研修会inおおのじょう

──ともに同じ地域で暮らす仲間として何ができるか
地域でどう支える?
育児と介護の同時進行=ダブルケア


家族だけでは対応しきれない暮らしの中の困りごと。たとえば、育児と介護が同時期に発生する「ダブルケア」。育児と介護、両方の不安や悩み、孤独感を抱え、子育て仲間にも介護仲間にも理解してもらえない辛さがあります。介護保険だけ、子ども・子育て支援だけでは支えきれません。必要なのは、それぞれの分野に関わる人々同士の連携です。複雑化する地域課題、子どもと子育て家庭も含めた家族まるごと、地域ぐるみで支え合うまちづくりについて、一緒に何が出来るか考えましょう。
公益財団法人さわやか福祉財団委託事業

日時:2018年11月30日(金)13:30〜16:30(受付開始13:00)
会場:大野城心のふるさと館講座学習室 (福岡県大野城市曙町3-8-3)
対象:学生、子育て・介護などの当事者、子育て支援・介護関係者、
   行政担当者、企業、子育てやまちづくりに関心のある方

定員:80名 (保育定員 10名)
参加費:無料 ※要事前申し込み
保育料:無料(生後6カ月以上) 
    ※要事前申込み。
懇親会:交流会終了後に場所を移動して開催 
    ※要事前申込み。

参加お申し込み方法
インターネットで
https://ssl.formman.com/t/Ouh8/
ファクシミリで   FAX:03-3269-3314
@氏名 A所属 BTEL Cメールアドレス 
D保育の有無を明記。
お問い合せ先:にっぽん子育て応援団 
info@nippon-kosodate.jp

プログラム
第1部 話題提供 育児と介護の同時進行 ダブルケア
ダブルケアって何?
 一般社団法人ダブルケアサポート 東 恵子さん
いま、現場では
 大野城在住の当事者、現場での支援者などからの報告

第2部 グループワーク
 ダブルケアを通して複合課題を考えるワーク
 現状報告を受けて、事例への対応をみんなで協議するワーク
 わがまちの強みを生かして支える方法を考える

主催:にっぽん子育て応援団  
協力団体:NPO法人チャイルドケアセンター
後援:福岡県(申請中) 社会福祉法人福岡県社会福祉協議会
   大野城市 社会福祉法人大野城市社会福祉協議会
【講演会・研修会・イベントの最新記事】
posted by チアがルー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会・研修会・イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184684684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック