ただ今、震災関連情報リンク集を掲載しています。 被災地で頑張っている子どもや子育て中の皆さんのために、できること! 皆さんからも情報をお寄せ下さい。

2013年08月05日

「家族や地域の大切さに関する作品コンクール

作品募集中〜〆切9月9日
 
11月第3日曜日は「家族の日」
 
内閣府では、子育てを支える家族や地域の大切さに関する
「写真」と「手紙・メール」の作品を募集しています。
「家族」で「地域」で見守る「子育て」について、
皆様のあたたかい気持ちをお寄せください。

「家族」で「地域」で見守る「子育て」。

あなたのあたたかい気持ちを作品にしてご応募ください。


家族や地域の結びつきの大切さが、改めて見直されている今だからこそ、
子育て家族のきずなとそれを支える
地域全体での子育て支援の大切さを見つめてみませんか。
あなたからの写真を、手紙・メールを、
そこに込められたあなたの思いをお待ちしております。

<写真部門>
テーマ1 
子育て家族の力
   (子育て家族の絆、子どもと深める家族の絆)
(例)家族団らん、親子で一緒に何かに取り組んでいる、
   パパの育児、3世代同居家族の様子など、
   子育て家族の絆の力強さ、あたたかさを表しているもの

テーマ2 
子育てを応援する地域の力
   (地域ぐるみで子育て支援)
(例)地域での子育てイベント
  (お祭り、親子教室、子育てひろば、子どもと他世代との交流、
   WLBの取組など)等、
   地域ぐるみでの子育て支援の様子など、
   社会全体が子育てを応援しているという姿を表しているもの

応募資格
小学生以上の者(プロカメラマンは除く)
※作品は未発表・オリジナルのものに限ります。
※2人以上を撮影した写真でご応募ください。
※応募は一人1点で、デジタルカメラ、フイルムカメラまたは
携帯カメラで撮影した、カラーまたは白黒プリント、もしくは
データでの応募とします。携帯電話での画像添付による
電子メールでの応募も可能です。


募集テーマごとに、
最優秀賞1点、優秀賞5点以内。表彰状と副賞。
いずれも内閣府特命担当大臣(少子化対策)表彰。

<手紙・メール部門>
テーマ
 子育てを家族みんなで支え合うことの大切さ、
    感謝などの思いを伝えるもの、
    または、子育てを社会も応援していくことの大切さを訴えるもの


(例)夫から妻へ、妻から夫へ、親から子どもへ、子どもから祖父母へ、
   子どもから単身赴任中の親へ、社長・上司から子育て社員へなど

応募区分
1.小学生の部 2.中・高校生の部 3.一般の部
※作品は未発表・オリジナルのものに限ります。

※携帯電話による電子メールでの応募も可能です。


応募区分ごとに、最優秀賞1点、優秀賞5点以内。表彰状と副賞。
いずれも内閣府特命担当大臣(少子化対策)表彰。

応募期間
 平成25年7月1日(日)〜 9月9日(金)(郵送の場合は当日の消印有効)

応募点数
「写真」「手紙・メール」それぞれ一点まで

表彰
最優秀作品は、平成25年11月17日(日)開催予定の
子ども・子育て支援「家族の日」フォーラム(東京都文京区)において
表彰する予定です。

作品集
入賞作品は作品集にまとめ、入賞者及び関係方面に配布します。
また、内閣府ホームページ「家族の日・家族の週間」掲載します。

応募要綱、応募フォーム、その他詳細および問い合わせは
内閣府ホームページでご確認ください。
 
【キャンペーンの最新記事】
posted by チアがルー at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71875688
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック